超漢字ユーザーはこれを削ってはいけない

 最終版Windowsと称するWindosw10を使うハメになっている超漢字ユーザーの方は多いと思います。勿論、超漢字ユーザーは絶滅危惧種ではあるのですが、その中で殆どの方は仕方なくWindows10を使わざるをえないか、使わざるを得なくなっていく…と言うことですね。困ったものだ。flourishもそうです。

 で、例によっての”牛ンドウズ”ですから、様々なサービスやらバックグラウンドアプリやらサービスやらを、セキュリティ向上も兼ねて削り落として行く事になります。それらについては、優れた情報を提供されている方々が多くおられますから、細部はそちらに。ただし、情報を盗みまくっているCortanaを完全に削除する方法はまだ十分なものがないようです。

「早くCortanaを殺す方法が見つかりますように…」

 削除の嵐をやる前は、バーチャルマシンの上で動いている超漢字は元より、Windows10,IMEすら、キー入力をタッチタイプでやると全く追いついて来ず目茶苦茶な文字列が入力される状態だったのが、劇的に改善されます。

 一般的に削ってはいけない機能やサービスは多々ありますが、それらの他に超漢字を使っていく場合に削ってはいけないサービス及び機能を見つけましたので、ご参考までに。これは、小物の共有フォルダ参照が使えなくなってしまうと言うものです。

○ 削ってはいけないWindowsの機能
  「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化または無効化」の中の一つです。

  SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート

○ 削ってはいけないサービス
  「msconfig」→「サービス」タブ

  Server

  これは、卓抜なこちらのページ(http://tooljp.com/Windows10/doc/Service/)では削除を強く勧告されているものであり、一般的にはそのとおりなのですが、削ってはいけません。他の方法で、しっかりセキュリティ水準を維持しましょう。

  しかも、このサービスを一度削ると「システムの復元」によらないと復活できず、厄介です。「復元ポイントの作成」そのものがメニューの下に隠れていて実施が非常に困難なので、ついついやらない…と言うのは普通のこと。

  「システムの復元ポイントの作成」「システムの復元」のメニューのあり場所をしっかり押さえて置く、のも「牛ンドウズ」利用の必須技能です。


  以上2点、要するに、”ファイルの共有”に関わる機能を削ってはいけない、と言うことです。

 それにしても、情報システムのプロ並の操作をしなければマトモに動かず、セキュリティも問題ありまくりなソフトウェアは流石に駄目…と多くの方々から指摘されて何十年。この専制君主支配のような状態はいい加減終わって欲しい。

 まぁ、スマホやパッドの進展により、状態は改善されつつはあるのかも知れません。Linuxも本当に良くなりました。Windowsはデバイスドライバのプラットフォーム程度の役割になっていくべきでしょう。どうせリアルタイム性即ちOSとしての十分な時間管理、すら出来ていない訳ですから。


 ではでは、また。

«歴史が変わっていてもし日本国憲法を「日本側」が全面的に起草した場合でも、それをやった人たちは「ホンモノの日本人」じゃなかったんだよね〜

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ